Apple、「WWDC 2017」を前にiOS向けアプリ「WWDC 6.0.0」をリリース – iMessage用ステッカーも17個追加

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、現地時間6月5日(日本時間6月6日)から「WWDC(Worldwide Developers Conference)2017」を開催しますが、同イベントを前にiOS向け公式アプリ「WWDC」をアップデート。

アイコンなどのデザインを刷新し、iMessage用に新しいステッカー17種類を追加するなどした「WWDC 6.0.0」をApp Storeでリリースしました。

SPONSORED LINK

「WWDC 2017」の会場の情報やiMessage用のステッカーなどが追加

WWDC 6.0.0」では来月5日から開催される「WWDC 2017」向けにいくつかの新機能が追加。アプリを使うことで「WWDC 2017」をより楽しめるようになっています。

まず、アイコンを含むアプリ全体のデザインが刷新。これまでは青色を基調としたUIでしたが、今回のアップデートでは赤色を基調としたUIに。「WWDC 2017」のタイムスケジュールが確認できるようになった他、ログインしなくてもアプリのすべての機能を利用できるようになりました。

また、「WWDC 2017」の会場である「McEnery Convention Center」内のマップや、その周辺の情報を閲覧できる「Venue」タブも追加。テーマ別に特集されたセッション動画のプレイリストも視聴できるようになっています。

さらに、今回のアップデートではiMessageアプリも追加されていて、インストールすることでiMessage用に17種類のステッカーが追加されます。

なお、現地時間6月5日(日本時間6月6日)から開催される「WWDC 2017」では、「iOS 11」や次期「macOS」「watchOS 4」「tvOS 11」などが発表される予定な他、Siriを搭載したスマートスピーカーや新型の「iPad Pro」、さらには新型「MacBook Pro」「MacBook」「MacBook Air」の新モデルが発表されると予想されています。

ちなみに、これらの次期OSや新製品が発表される基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催され、今年もライブストリーミング配信を行うことを発表しています。

WWDC WWDC 6.0.0
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク