【iOS】2015年6月9日「WWDC 2015」での発表内容まとめ OS編【OS X】

2015年6月10日

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本時間の2015年6月9日午前2時より開催された「WWDC 2015」の発表内容をまとめてみました。発表された内容が多いので記事を分けており、こちらは「iOS」「OS X」「watchOS」などをまとめたOS編となっています。


スポンサーリンク

OS X 10.11 El Capitan

OS X 10.11 El Capitan

スポンサーリンク

新機能

・メールアプリが新しいジェスチャーに対応、スワイプでのメールの削除などが可能に。
・Safariがタブのピン留め昨日に対応。
・Spotlightがアップデートされ、今までよりも多くの情報の検索が可能に。
・画面の分割機能などが搭載。
・アプリの立ち上げが1.4倍、スイッチが2倍になるなど各種パフォーマンスが向上。
・グラフィックエンジン「Metal」がMacにも搭載。
・デベロッパー向けに本日よりベータ版の提供を開始。
・正式リリースは今秋予定で、フリーアップグレード。
・4種類の新しいフォントの追加。
・日本語入力の改良、ライブ変換機能の追加。

ウインドウを管理する新しい方法、さらに賢くなったSpotlight検索、進化したアプリケーション、より高速なパフォーマンス。OS X El Capitanが搭載する機能の数々を紹介します。

iOS 9

IOS 9

Siri

・40%高速になり、40%正確になる。
・「Proactive Assistant」機能の搭載。
・検索APIを提供。

Apple Pay

・来月からイギリスでも提供を開始。

Passbook

・名称が「Wallet」に変更。
・クレジットカード、デビットカード、ポイントカードなどを登録できるように。

ノート・メモ

・フォントの変更機能が搭載。
・Todoリストのチェック機能が搭載。
・ドローイングツールが搭載。
・マップ、リンク、画像などの貼り付けが可能に。

マップ

・路線図の表示機能をを追加。
・り換え案内機能を搭載。(中国の一部の都市や各国の主要都市で先行提供)
・MacやiPadなどでも利用が可能に。

新しいニュースアプリ

・自分でフィードを作成可能。
・iPhone、iPadに対応。
・ニューヨーク・タイムズ紙などがコンテンツを提供。
・アメリカ、イギリス、オーストラリアで先行提供

iPad

・キーボードが強化され、コピー、カット、などのショートカットが追加。
・2本指でのジェスチャーでポインタの移動が可能に。
・新たなマルチタスクを提供、「iPad Air 2」では画面分割も可能。
・マルチタスクは「iPad Air」「iPad Air 2」「iPad mini 2」「iPad mini 3」に対応。

その他

・低電力モードが搭載。
・OSアップデート時の容量を縮小し、少ない空き容量でのアップデートが可能に。
・カープレイがワイヤレスで接続可能に。

リリース次期など

・デベロッパー向けに本日よりベータ版の提供が開始。
・パブリックベータは7月から提供開始予定。
・正式リリースは今秋、フリーアップデート。
・「iPhone 4s」以降のiPhone、「iPad 2」以降のiPad、第5世代の「iPod Touch」に対応。

iOS 9 brings across-the-board enhancements to your devices — from an all-new News app to an even smarter Siri to better performance under the hood.

watchOS 2

Apple Watch 4

スポンサーリンク

新機能

・時計機能が強化。
・文字盤に写真を設定することが可能に。
・タイムラプス映像を文字盤に設定することが可能に。
・様々な情報を文字盤に表示できるようになる機能を搭載。
・デジタルクラウンを回して過去の予定なども確認できる「タイムトラベル」を搭載。
・充電時に横向き表示が可能に。
・Apple Watchから友達の追加が可能に。
・手描き機能で複数の色を使用可能に。
・Apple Watchから直接メールの返信が可能に。
・FaceTimeオーディオに対応。
・フィットネス機能をSiriで操作可能に。
・乗り換え案内やインスタグラムが利用可能に。
・watchOSがネイティブアプリ化。
・Apple Watch単体でのWi-Fi接続に対応。
・Walletアプリにも対応。
・サードパーティ製アプリでマイク、スピーカー、デジタルクラウンなどにアクセス可能に。
・デベロッパー向けにベータ版が本日から提供。
・正式リリースは今秋予定、フリーアップデート。

新しい文字盤、より速く、よりパワフルなアプリケーション、進化したコミュニケーションのオプションなど。watchOS 2は、Apple Watchに数多くのアップデートをもたらします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク