【WWDC 2016】Apple、「iOS 10」を正式に発表!【速報】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、現地時間6月13日午前10時(日本時間6月14日午前2時)から開催している「WWDC 2016」で、iOS向けの次期OSである「iOS 10」を発表しました。

「iOS 10」の主な変更点は下記の通りとなっています。

スポンサーリンク

全体

・ロック画面の変更
・ノーティフィケーションも変更
・右からスワイプでカメラ起動
・ロック解除が簡単になったことにより通知を見逃しがちなのを改善
・通知、コントロールセンターの刷新

3D Touch

・3D Touchの機能拡張
・通知センターから3D Touchで動画再生
・3D Touchで通知内容の詳細を表示

Quick Type

・メッセージ内の時間や位置情報、カレンダーなどから入力候補を表示
・「Siri」のディープラーニング機能を利用した入力補助

Siri

・「Siri」のサードパーティーへの開放

写真アプリ

・写真アプリに顔認識機能・オブジェクト認識機能・シーン認識機能を搭載
・写真から音楽付きのスライドショーが作成可能に – 「Mac」「Apple TV」でも使用可能

Newsアプリ

・Newsアプリにサブスクリプションを追加

マップアプリ

・マップアプリのデザインが刷新
・マップアプリの機能拡張機能APIをデベロッパーに公開 – Uberなども利用可能
・周辺検索を強化 – 渋滞情報や交差点などに近づくとズーム

Apple Music

・「Apple Music」の有料会員は1,500万人に
・「Apple Music」のインターフェイスを刷新 – よりシンプルに
・歌詞の表示機能にも対応

Home

・「HomeKit」を制御する新アプリ「Home」を追加
・「Home」アプリはコントロールセンターで制御可能
・照明、セキュリティ、冷房、暖房などをiOSから管理可能でSiriにも対応
・ロック画面からドアホンのカメラを見て会話、タップで解錠などにも対応
・「Apple TV」がハブの役割に

電話

・ボイスメールのテキスト化が可能に
・VoIPアプリ向けAPIを提供

メッセージ

・iMessageアプリをサードパーティーに開放
・スタンプ機能なども追加
・絵文字のサイズが3倍に、絵文字の予測変換も搭載
・バブルエフェクト、フルスクリーンエフェクト、手書き入力などにも対応
・メッセージアプリ内で写真撮影が可能に

スポンサーリンク

その他

・Live Photosの編集が可能に
・「iPad」の「Split View」で2つのサイトを並べて表示が可能に
・「iPad」向けにコーディングを学ぶ「Swift Playgrounds」アプリが発表

なお、本日より開発者向けにプレビュー版の提供が開始され、パブリックベータ版は7月に、一般向けには今年の秋に正式版がリリースされる予定となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク