【WWDC 2016】Apple、「watchOS 3」を正式に発表!【速報】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、現地時間6月13日午前10時(日本時間6月14日午前2時)から開催している「WWDC 2016」で「watchOS 3」を発表しました。

「watchOS 3」での主な変更点は下記の通りとなっています。

・アプリの起動時間を改善(7倍高速)
・お気に入りのアプリをメモリに格納し常駐化
・バッググラウンドアップデートに対応
・iOSのような「Dock」機能を追加
・コントロールセンターも搭載
・手書きをテキストに変換するScribble機能を追加(英語、中国語に対応)
・新ウォッチフェイス(ミニーなど)
・ウォッチフェイスがスワイプで切り替え可能に
・長押しからアクセスできるSOS発信機能(世界各国で利用可能)
・アクティビティの共有が可能
・コンプリケーションの組み合わせが多様化
・車いす版のアクティビティ機能を搭載
・登録した連絡先や家族などに自動で連絡と位置情報を通知可能

なお、本日より開発者向けにプレビュー版の提供が開始され、今年の秋に正式版がリリースされる予定となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク