「WWDC 2017」の参加者にはリーバイスのジャケットやオリジナルのピンバッジがプレゼント

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

いよいよ開催まで12時間を切った「WWDC 2017」ですが、会場となるカリフォルニア州サンノゼのAppleクパチーノ本社キャンパス近くの「McEnery Convention Center(マッケナリー・コンベンション・センター)」では参加者が続々と参加登録を済ませ、毎年恒例となっているWWDC参加者限定のノベルティグッズを受け取っています。

今年のWWDCのノベルティグッズは「WWDC17」と書かれたリーバイスのジャケットとオリジナルのピンバッジ。ピンバッジには何種類かありランダムで配布されているようですが、先日のアップデートで「WWDC」アプリに追加されたiMessage用ステッカーと同じデザインとなっています。

また、ピンバッジの中には参加者の出身国が分かるように国別の国旗をデザインしたピンバッジも含まれているそうで、ジャケットにピンバッジを付けて自分でカスタマイズできるようになっています。

「WWDC 2017」では例年通り「iOS 11」などを含む各OSの次期バージョンが発表される他、新型「iPad Pro」Siriを搭載したスマートスピーカー、さらに新型「Mac」「Magic Keyboard」なども発表されると予想されています。

なお、「iOS 11」「macOS 10.13」「tvOS 10」「watchOS 4」や「Siriスピーカー」、さらに新型「iPad」が発表される予定の基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午後2時)から開催され、Appleの公式サイトでライブストリーミング配信も行われる予定となっていますので、時間が合う方はぜひリアルタイムで視聴してみてはいかがでしょうか。

[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク