Apple、公式サイトで「WWDC 2017」の基調講演の映像を公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)からカリフォルニア州サンノゼの「McEnery Convention Center」で「WWDC 2017」の基調講演を開催しましたが、その基調講演のライブストリーミング映像を公式サイトで全編公開しています。

今回の「WWDC 2017」のライブストリーミングは約1時間40分に及ぶ長時間映像となっていますが、途中で寝てしまったり、どうしても時間が合わずに視聴することができなかった人はぜひ視聴してみてください。

なお、「WWDC 2017」では「iOS 11」「macOS High Sierra」「watchOS 4」などの各OSに加え、これまでで最も強力なMacである「iMac Pro」や、Intelの第7世代プロセッサ”KabyLake”を搭載した「MacBook Pro」「MacBook」「iMac」、さらに、10.5インチと12.9インチの新型「iPad Pro」やSiriを搭載したスマートスピーカー「HomePod」なども発表されました。

また、「Apple TV」に関する発表しては、2017年末までに「tvOS」向けの「Amazonプライム・ビデオ」アプリが配信されることも発表されています。

Apple Special Event. June 5, 2017.

【関連記事】
Apple、iOSの最新バージョン「iOS 11」を正式に発表 – 32bitデバイスのサポートが終了
Apple、次期macOS「macOS High Sierra」を正式に発表
Apple、「watchOS 4」を正式に発表
Apple、「tvOS」向けに「Amazonプライム・ビデオ」アプリが配信されることを発表
Apple、これまでで最も強力なMac「iMac Pro」を正式に発表
Apple、Intelの第7世代プロセッサ”KabyLake”を搭載した新型「MacBook Pro」と「MacBook」を発表
Apple、Intelの第7世代プロセッサ”KabyLake”を搭載した新型「iMac」を発表
Apple、10.5インチと12.9インチの新型「iPad Pro」を発表
Apple、Siriを搭載したスマートスピーカー「HomePod」を発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク