「WWDC 2017」で発表された内容の要点を簡潔にまとめた動画が公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)からカリフォルニア州サンノゼの「McEnery Convention Center」で「WWDC 2017」の基調講演を開催。

今年のWWDCでは「iOS 11」「macOS High Sierra」「watchOS 4」などの各OSに加え、これまでで最も強力なMacである「iMac Pro」や、Intelの第7世代プロセッサ”KabyLake”を搭載した「MacBook Pro」「MacBook」「iMac」、さらに、10.5インチと12.9インチの新型「iPad Pro」やSiriを搭載したスマートスピーカー「HomePod」などが発表されました。

ただ、開催された時間が時間だけに日本に住んでいる人の中にはリアルタイムで視聴できなかった人も多いはず。そんな人におすすめな「WWDC 2017」で発表された内容の要点を簡潔にまとめた動画が公開されました。

SPONSORED LINK

「WWDC 2017」の発表内容の要点を5分、7分、15分、19分にまとめた動画が公開

実際の「WWDC 2017」の基調講演は2時間以上に渡って開催。Appleの公式サイトで公開されているライブストリーミング映像でも約1時間40分の長丁場。

「WWDC 2017」の発表内容は確認したいけど、全てを見ている時間はないという人にオススメなのが、海外メディアが発表内容の要点を5分、7分、15分、19分にまとめて公開している動画です。

基調講演の様子を短くまとめた動画は毎年恒例になっていますが、今年はTechCrunchが5分、MacRumorsが7分、Engadgetが15分、The Vergeが19分にまとめた動画をそれぞれ公開しているので、時間はないけど発表内容は確認しておきたいという人はぜひ一度チェックしてみてください。

Apple’s WWDC keynote in 5 minutes(5分版)

Apple’s WWDC 2017 Keynote in 7 Minutes!(7分版)

WWDC 2017 keynote in 15 minutes(15分版)

Apple WWDC 2017 keynote in 19 minutes(19分版)

[via 気になる、記になる…]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク