「WWDC 2017」の会場に黒幕で覆われた巨大なバナーが登場

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日、Appleが現地時間6月5日(日本時間6月6日)から「WWDC 2017」を開催する会場となるカリフォルニア州サンノゼのAppleクパチーノ本社キャンパス近くにある「McEnery Convention Center(マッケナリー・コンベンション・センター)」で会場準備が始まっていることをお伝えしましたが、その会場内に黒幕で覆われた巨大なバナーが登場しています。

スポンサーリンク

黒幕の下にあるバナーには新製品?次期OS?

「WWDC 2017」では例年通り「iOS 11」などを含む各OSの次期バージョンが発表される他、新型「iPad Pro」Siriを搭載したスマートスピーカー、さらに新型「Mac」「Magic Keyboard」なども発表されると予想されていますが黒幕の下にある巨大なバナーには何が描かれているのでしょうか。

また、黒幕の写真を公開した@CodeCadets氏は、同時に「WWDC 2017」の基調講演に向けて道路の封鎖が始まっていることも報告しています。

なお、「iOS 11」「macOS 10.13」「tvOS 10」「watchOS 4」や「Siriスピーカー」、さらに新型「iPad」が発表される予定の基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午後2時)から開催され、Appleの公式サイトでライブストリーミング配信が行われる予定となっています。

本来であれば「WWDC 2017」で発表されるApp Storeを通じた開発者の累計収益が700億ドル(約7.8兆円)を突破したことやロボット、ドローン、楽器を制御できる「Swift Playgrounds 1.5」が事前に発表されていることをみると、今回のWWDCはかなり盛り沢山な内容になりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク