Apple、「WWDC 2017」のライブ中継を行うことを発表 – 日本時間6月6日午前2時から

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から「WWDC 2017」の基調講演を開催すると発表していますが、本日、今年の「WWDC」の基調講演もライブストリーミング配信をすると発表しました。

SPONSORED LINK

「WWDC 2017」に合わせてApple TV(第4世代)向けの「Apple イベント」アプリもアップデート

今年の「WWDC(Worldwide Developers Conference)」は、サンノゼのAppleクパチーノ本社キャンパス近くにある「McEnery Convention Center」で開催される予定で、次期OSや新製品が発表される基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催される予定となっています。

また、日本のApple公式サイトでもライブストリーミングの告知がされていて、視聴が可能なデバイスは以下の通り。

・Mac(OS X v10.8.5以降、Safari 6.0.5以降)
・「iOS 7」以降が搭載されたiPhone/iPad/iPod touch
・「Apple TVソフトウェア 6.2」以降の「Apple TV(第2,3世代)」、または「Apple TV(第4世代)」
・Windows 10が搭載されたPCのMicrosoft Edge

さらに、「WWDC 2017」の開催に合わせて「Apple TV(第4世代)」向けの「Apple イベント」アプリもアップデート。同アプリは「WWDC」などAppleの各スペシャルイベントのライブ中継を視聴できるアプリで、今回のアップデートでは「WWDC 2017 Keynote」の案内が追加されました。

なお、現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催される「WWDC 2017」では、「iOS 11」「macOS 10.13」「watchOS 4」「tvOS 11」などの各OSの最新バージョンが発表予定。それに加え、今年のWWDCでは新型のハードウェアが発表されることも予想されていて、10.5インチの新型「iPad Pro」Siriを搭載したスマートスピーカー「MacBook Pro」「MacBook」「MacBook Air」の新モデルが発表されるとみられています。

【関連記事】
Apple、今年6月の「WWDC 2017」でSiriスピーカーと10.5インチ「iPad Pro」を発表へ
「iOS 10.3.3 beta」で12.9インチ「iPad Pro」用の新しい壁紙が追加 – 「WWDC 2017」で新型「iPad Pro」が登場する裏付けか
Apple、今年6月の「WWDC 2017」で「MacBook Pro」や「MacBook」さらに「MacBook Air」の新モデルを発表か
Apple、報道関係者向けに「WWDC 2017」の招待状を送付 – 次期「iOS」などを現地時間6月5日午前10時から発表へ
現地時間2017年6月5日〜9日に開催される「WWDC 2017」デザインの壁紙が公開!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク