Apple、今年6月の「WWDC 2017」で「MacBook Pro」や「MacBook」さらに「MacBook Air」の新モデルを発表か

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは現地時間2017年6月5日〜9日「WWDC(Worldwide Developers Conference)2017」を開催することを発表しており、このイベントでは「iOS」や「macOS」など各OSの次期バージョンが公開。さらに、今年はAmazonが販売している「Amazon Echo」のライバル製品になるSiriスピーカー10.5インチの新型「iPad Pro」も発表されるという情報が出てきています。

さらに、本日Bloombergは、問題に精通した関係者によると、Appleは今年のWWDCで「MacBook Pro」や「MacBook Air」を含む「MacBook」シリーズの新型モデルが発表されるようだと報じています。

SPONSORED LINK

全ての「MacBook」シリーズがアップデートか

Appleの問題に精通している人物によると、同社は3台の新しいラップトップをリリースする計画で、今年のWWDCでアップデートは発表されるとみられているのは「MacBook Pro」と12インチ「MacBook」、さらに「MacBook Air」の3モデル

新型「MacBook Pro」にはIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」が搭載。12インチ「MacBook」と「MacBook Air」にもより高速なIntelチップが搭載されるとのこと。

また、今回のアップデートではいずれのモデルも端末性能のアップグレードに留まり、デザイン面の変更や革新的な新機能は搭載されないとみられているので、正直そこまで期待できるアップデートではないのかもしれません。

ただ、新型「MacBook Pro」に関しては、過去に2017年には「Kaby Lake」を搭載した「MacBook Pro」が発表され、15インチモデルでは32GBのRAMがオプションで搭載できるようになると報じられたこともありました。

さらに、2017年発売の「MacBook Pro」は現行モデルより値下げされるとの情報もありましたが、Appleが発売から半年程度しか経っていない「MacBook Pro」をこのタイミングでアップデートするとは到底思えず、個人的には新型「MacBook Pro」が「WWDC 2017」で発表される可能性は低いのではないかと思います。

12インチ「MacBook」に関しては1年以上アップデートされておらず、「MacBook Air」に関しては2015年からアップデートがない状態なので「WWDC 2017」新型モデルが発表される可能性は十分に考えられます。アップデートされたとしても性能アップ程度だとは思いますが。

なお、ここ最近の「WWDC」では次期iOSなどのソフトウェアのみが発表され、iPhoneやiPadなどのハードウェアに関しては毎年秋に開催されるスペシャルイベントなどで発表されていますが、今年の「WWDC 2017」ではSiriベースのスマートスピーカーが50%以上の確率で、10.5インチの新型「iPad Pro」は70%以上の確率で発表されると予測されています。

もしも、これらの情報が正しければ今年6月に開催される「WWDC 2017」はかなり盛りだくさんなイベントとなりそうですが、さすがにこれら全てが発表される可能性は低そうですね。個人的には新型「MacBook」や「MacBook Air」の新型モデルが発表される可能性が高い気がします。

ちなみに、「WWDC 2017」は現地時間2017年6月5日〜9日にかけて開催される予定で、すでにメディア向けには招待状が送られていて、次期OSや新型「MacBook」シリーズなどが発表される可能性のある基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催されます。

その他にも「WWDC 2017」はAppleの開発者向けのサイト、及び「iPhone」「iPad」「Apple TV」向けの「WWDC」アプリで、ライブストリーミングも行われる予定となっています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP