「WWDC 2017」開催直前!今年のWWDCで発表される内容を確認

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

いよいよAppleは、現地時間6月5日(日本時間6月6日)から「WWDC 2017」を開催。現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午後2時)には「iOS 11」などが発表される予定の基調講演がスタートしますが、今年のWWDCは例年とは少し様子が違います。

今回開催される「WWDC 2017」では、ほぼ確実に発表されると予想されている「iOS 11」「macOS 10.13」「tvOS 10」「watchOS 4」に加え、新型「iPad Pro」Siriを搭載したスマートスピーカー、さらに新型「Mac」「Magic Keyboard」なども発表されると予想されているのです。

今年のWWDCは発表内容が盛り沢山。予測が多すぎて何が発表されるのかわからなくなってきているので、間もなく開催される「WWDC 2017」に備えるために、これまで公開されている「WWDC 2017」の発表内容に関する噂をまとめてみました。

SPONSORED LINK

各OSの次期バージョンや「Siriスピーカー」、さらに新型「iPad」などが発表されるのは確実か

Appleが今年も開催する「WWDC(Worldwide Developers Conference)2017」では、毎年「iOS」や「macOS」、さらに「tvOS」や「watchOS」の最新バージョンが発表されるのが恒例。

もちろん、今年のWWDCも例外ではなく、「iOS 11」「macOS 10.13」「tvOS 10」「watchOS 4」が発表されるのは確実視されていますが、今年はソフトウェアだけでなく「Siriスピーカー」や新型「iPad」「Mac」なども発表されるとみられています。

また、それを裏付けるように本来であれば「WWDC 2017」で発表されるはずのApp Storeを通じた開発者の累計収益が700億ドル(約7.8兆円)を突破したことやロボット、ドローン、楽器を制御できる「Swift Playgrounds 1.5」が今年は事前に発表。

このことからも「WWDC 2017」ではかなり多くの新製品が発表され、盛り沢山の発表内容になるのはないかと思われます。

新型「iPad Pro」が登場か?新型「iPad mini」の可能性も浮上

「WWDC 2017」では10.5インチの新型「iPad Pro」が発表される可能性が濃厚ですが、一部では12.9インチの新型「iPad Pro」が登場するとの噂も出ています。

もともと10.5インチの新型「iPad Pro」は今年3月のスペシャルイベントで発表されると噂されていましたが、実際に発表されたのは9.7インチの「iPad」だったことから新型「iPad Pro」の10.5インチモデルが登場するのは確実だとみられています。

ちなみに、新型「iPad Pro」にはベゼルレスデザインが採用され、ホームボタンが廃止されるとの情報があるので、iPhoneより先にiPadにベゼルレスデザインが採用される可能性も。

また、本日の報道によるとシリーズが廃止されると噂されていた「iPad mini」がアップデートし、「iPad mini 5」として登場するとの情報もあります。

【関連記事】
シリーズ廃止の噂もある「iPad mini」がアップデート!? – イギリスの小売業者の在庫に「iPad mini 5」が登場
「WWDC 2017」では新型の「Mac」「iPad」「Magic Keyboard」が同時に発表か
10.5インチの新型「iPad Pro」用ケースと9.7インチ「iPad Pro」を比較
新型「iPad Pro」と新型「iPad mini」に新情報 – 10.5インチモデルのケースがリーク
10.5インチの新型「iPad Pro」は3月〜4月に量産が開始されていた!?
「iOS 10.3.3 beta」で12.9インチ「iPad Pro」用の新しい壁紙が追加 – 「WWDC 2017」で新型「iPad Pro」が登場する裏付けか
Apple、今年6月の「WWDC 2017」でSiriスピーカーと10.5インチ「iPad Pro」を発表へ

Siriを搭載したApple初のスマートスピーカーが「WWDC 2017」で発表か

Appleは「WWDC 2017」で、Amazonの「Amazon Echo」やGoogleの「Google Home」に対抗するために、音声アシスタント「Siri」を搭載した同社初となるスマートスピーカーを発表すると予想されています。

通称「Siriスピーカー」は「Mac Pro」を小さくしたようなデザインになり、ライバルデバイスとの差別化を図るためにサラウンドサウンドを少ないスピーカーで擬似的に再現するバーチャルサラウンドシステムが搭載されるとみられています。

また、すでに製造が開始されていて、製造は「AirPods」を生産しているInventecが請け負い、Appleのスタッフは自宅で密かに数ヶ月の間テストを行っているとも報じられています。

【関連記事】
Foxconnの内部関係者が「iPhone 8」や「Siriスピーカー」さらに「ARグラス」や新型「Mac」に関する内部情報をリーク
Apple、Siri搭載スマートスピーカーを「WWDC 2017」で発表へ – すでに製造が開始されている模様
Apple、今年6月の「WWDC 2017」でSiriスピーカーと10.5インチ「iPad Pro」を発表へ
Apple、Siriベースのスマートスピーカーを「WWDC 2017」で発表!? – Apple初のスマートホームデバイスは2017年後半に発売か
Apple、Amazon Echoのライバル製品を「WWDC 2017」で発表か!?

「MacBook Pro」や「MacBook Air」、さらに「iMac」などデスクトップMacがアップデートされる可能性も

今年のWWDCでは「MacBook Pro」や「MacBook Air」を含む「MacBook」シリーズが発表されるとの予想も。また、ユーラシア経済委員会(EEC)に提出された資料から「iMac」や「Mac Pro」などデスクトップMacがアップデートされる可能性も示唆されています。

ただ、新型「Mac」に関してはアップデートがリリースされてもデザイン面での大きな変更はなく、Intelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」が搭載されるなど純粋な内部アップデートに留まるとみられています。

なお、本日新たに報じられた情報によると「MacBook Air」シリーズは製造が終了しているとの噂もあり、実際に発表されるかは少し怪しいところですね。

【関連記事】
Foxconnの内部関係者が「MacBook Air」は製造が終了していると証言
Foxconnの内部関係者が「iPhone 8」や「Siriスピーカー」さらに「ARグラス」や新型「Mac」に関する内部情報をリーク
「WWDC 2017」では新型の「Mac」「iPad」「Magic Keyboard」が同時に発表か
やはり「WWDC 2017」で新型「MacBook Pro」を発表か – 15インチモデルの出荷に遅延が発生
Apple、今年6月の「WWDC 2017」で「MacBook Pro」や「MacBook」さらに「MacBook Air」の新モデルを発表か
Apple、新型「iMac」の生産を2017年5月から開始か!? – Xeonを搭載したハイエンドモデルの情報も
新型「iMac」は「Xeon E3」プロセッサを搭載して10月後半に、新型「Mac Pro」は2019年に発売か!? – 8Kディスプレイや「Mac mini」に関する情報も
Apple、2017年内に新型の「iMac」をリリースへ – 「Mac mini」についても言及

「iOS 11」「macOS 10.13」「tvOS 10」「watchOS 4」の発表はほぼ確実

今回のWWDCで発表されることが確実だとみられている「iOS 11」「macOS 10.13」「tvOS 10」「watchOS 4」に関しては、ほとんど情報が出てきていない現状ですが、唯一「iOS 11」には「FaceTime」にグループビデオ通話機能が搭載32bit端末/アプリのサポートが終了、黒を基調としたUI「ダークモード」の搭載などが噂されています。

さらに、本日Appleはフライング気味にiOS用ファイラーアプリ「Files」をApp Storeで公開。同アプリはMacの「Finder」機能のようなファイラーアプリだとみられていて、64bitデバイスのみをサポートしていることから「iOS 11」で32bitのサポートが打ち切られる可能性が高まっています。

「WWDC 2017」の開始時間、ライブストリーミングサイトを確認

これらの新製品、最新OSが発表されるのは「WWDC 2017」の基調講演。開催日時は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)で、世界各国での開始時間はコチラから確認することが可能です。

Appleの公式サイトではライブストリーミング配信も行われる予定で、視聴が可能なデバイスは以下の通り。

・Mac(OS X v10.8.5以降、Safari 6.0.5以降)
・「iOS 7」以降が搭載されたiPhone/iPad/iPod touch
・「Apple TVソフトウェア 6.2」以降の「Apple TV(第2,3世代)」、または「Apple TV(第4世代)」
・Windows 10が搭載されたPCのMicrosoft Edge

また、Apple公式サイト以外でも各メディアがリアルタイム更新で生中継する予定で、中には日本語同時通訳とともに生中継してくれるサイトもあります。以下に生中継サイトをまとめておくので「WWDC 2017」の発表内容が気になる方はチェックしてみてください。

GIZMODO
CNET
The Verge
Mashable
TechnoBuffalo
iMore
WWDC 2017 Keynote in Japanese – macwebcaster.com
WWDC2017基調講演日本語同時通訳生中継 – 2017/06/06 01:00開始 – ニコニコ生放送
WWDC2017基調講演日本語同時通訳生中継 – FRESH!(フレッシュ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク