Apple、今年6月の「WWDC 2017」でSiriスピーカーと10.5インチ「iPad Pro」を発表へ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、今年6月5日から開催する「WWDC 2017」でiOS、macOS、watchOS、tvOSの次期バージョンや「Apple TV」向け「Amazonプライム・ビデオ」アプリなどを発表するとみられていますが、同時にSiriスピーカーや10.5インチの新型「iPad Pro」も発表されるかもしれません。

SPONSORED LINK

WWDC 2017ではハードウェアも大量に発表か

9to5Macによると、Siriスピーカーや10.5インチの新型「iPad Pro」が「WWDC 2017」で発表されると予測しているのはKGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏。

同氏は以前、Appleが「WWDC 2017」でSiriスピーカーを発表する可能性が50%以上あると報告していましたが、今回は70%以上の確率で10.5インチの新型「iPad Pro」が「WWDC 2017」で発表されると予測。

10.5インチの新型「iPad Pro」の情報はこれまであまり報じられていませんが、過去の情報によると9.7インチ「iPad Pro」と同じ264ppiのピクセル密度ながら、2,224×1,668ピクセルの解像度に。さらにベゼルレスデザインが採用され、ホームボタンが廃止されるとの噂もあります。

また、Amazonが販売している「Amazon Echo」のライバル製品になるとみられているAppleのSiriスピーカーは、HOME AIのソフトウェア開発の詳細と一緒に発表され、先日Amazonが発表した「Amazon Echo」の新モデル「Echo Show」と同じようにタッチスクリーンが搭載される可能性があるそうです。

(画像は「Amazon Echo」の新モデル「Echo Show」)

ちなみに、ここ最近の「WWDC」では次期iOSなどのソフトウェアのみが発表され、iPhoneやiPadなどのハードウェアに関しては毎年秋に開催されるスペシャルイベントなどで発表されていますが、「iPhone 4」以前のiPhoneは今のように秋のイベントではなく「WWDC」で発表されていたので「WWDC」でSiriスピーカーや新型「iPad」などのハードウェアが発表される可能性は十分に考えられます。

今年6月にAppleが開催する「WWDC 2017」は現地時間2017年6月5日〜9日にかけて開催される予定。すでにメディア向けには招待状が送られているようで、新型デバイスや次期OSが発表される基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催されることが判明しています。

なお、「WWDC 2017」はAppleの開発者向けのサイト、及び「iPhone」「iPad」「Apple TV」向けの「WWDC」アプリで、ライブストリーミングも行われる予定となっています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク