「Xbox One X」は日本でも発売が決定し公式ページも公開 – ただし11月7日の発売は見送り

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先程の記事で、Microsoftが本日開催した「E3 2017」のプレスカンファレンス「Xbox E3 2017 Breifing」で、コードネーム「Project Scorpio」正式名称「Xbox One X」が発表されたことをお伝えしましたが、残念ながら日本での発売は少し遅れることが判明しました。

「Xbox One X」は8コアのCPU、6TFLOPSのGPU、12GBのGDDR5メモリを搭載し、4K/60FPSゲームに対応。また、4KのUHD Blu-ray再生やVRにも対応し、「Xbox One」シリーズとの後方互換にも対応しているマイクロソフトの最新ゲーム機。

これまではコードネーム「Project Scorpio」の名前で呼ばれていましたが、本日、正式名称が「Xbox One X」であることが発表されました。

同時にアメリカで2017年11月7日に発売されることが発表されましたが、日本マイクロソフトによると、日本国内での「Xbox One X」の発売は11月7日よりも遅れることが発表されました。

日本では「Xbox One」が海外向けの2013年11月22日の発売日から約9カ月後の2014年9月4日に、後継機の「Xbox One S」も海外向けの発売から3カ月遅れて11月24日に発売されています。

なお、日本マイクロソフトによると「Xbox One X」は日本でも展開している「Xbox One」シリーズであることから、日本での発売はすでに確定しているそうで「発売日、価格が決まり次第お伝えしたい」とし、すでに公式ページも公開しています。

これまでの発売時期を考えても日本での「Xbox One X」の発売が遅れることは何となく予想できましたが、やはり発売後すぐに購入できないのは残念です。ただ、日本での発売も決定しているとのことなので出来る限り早く発売されることを期待したいですね。

[via GAME Watch]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク