【Music Keyも】YouTubeが2015年内に有料サービスを導入し、閲覧回数の高いコンテンツは無料では見れなくなる!?【正式リリース】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

The Vergeは、業界関係者の情報として、YouTubeが2015年内に有料サービスを導入し、閲覧回数の高いコンテンツは無料では見れなくなると報じています。

スポンサーリンク

キーとなる2つの有料サービス

関係者の情報では、YouTubeは有料化に伴い2つの新サービスを開始するとしており、1つは現在ベータ版として提供されている「Music Key」の正式リリースで、もう1つは閲覧回数の高い動画の製作者をターゲットにした新サービスと伝えています。

Music Key

「Music Key」は、2014年11月からベータ版が提供されているサービスで、YouTubeが契約しているアーティストのミュージックビデオや高音質フルアルバムが見放題、聴き放題になり、「広告非表示機能」、「オフライン再生機能」、「バックグラウンド機能」などを備えており、利用料金は月額9.99ドルが予定されています。

スポンサーリンク

新たな有料サービス

新たな有料サービスは、閲覧回数の高い動画の製作者をターゲットにしたサービスで、これまでと全く異なる動画視聴方法により、動画の製作者により多くの収益を対価として支払える環境を作りたいとのことで、このサービスによって動画の製作者は、広告からの収益に加え有料会員からも収益を得られるようになるとのことです。

また、有料サービスでは、動画の製作者は有料会員のみにしか動画を閲覧できないように設定することも可能になるとのこと。

なお、上記の情報は正式発表ではなく、あくまでも噂なのですが、情報が正しかったとしてもYouTubeが”有料化”されるのではなく、YouTubeに”有料サービス”が導入されるだけなので、これまで通り無料で動画を閲覧することも可能となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク