Google、YouTubeのスキップできない30秒広告を廃止へ! – 今後は短時間広告が主流に

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Campaignによると、Googleは、同社が運営するYouTubeにおいて、動画の冒頭に流れるスキップすることが出来ない30秒の長時間広告を2018年に廃止することが明らかになりました。

スポンサーリンク

今後は約6秒の「バンパー広告」が主流に

スキップすることが出来ない30秒広告の廃止は、ユーザーエクスペリエンス向上のために行われるそうで、既にGoogleは30秒広告を2018年に廃止すると正式に発表しています。

また、スキップできない30秒広告が廃止される2018年以降は、スキップできないタイプの広告が30秒より短いものに変更されるそうで、YouTubeでは昨年4月にスキップできない約6秒の「バンパー広告」が導入されており、短時間の広告にシフトするための準備や調査を行っていたとみられています。

これらの変更は広告業界の専門家からも支持されており、広告代理店VCCPのマネージングディレクターであるアンドリュー・ピーク氏は「YouTubeは、ユーザーがスキップできない広告を好ましく思っていないことに気がついた。」とコメントしています。

さらに、イギリスの広告事業者団体ISBAの会長であるフィル・スミス氏も「広告業界はオンライン広告のユーザーエクスペリエンスを改善する必要がある、YouTubeの今回の動きは正しい方向への一歩であり、ユーザーの反応に基づいていて、広告主や広告代理店が計画を調整するために十分な通知もなされている。」とコメントしており、今回のYouTubeの判断を歓迎しています。

しかし、その一方で、ソーシャルメディアに特化した広告代理店Born Socialの戦略ディレクターであるコーラム・マカーホン氏は「YouTubeは、これまで以上に魅力的になってきているFacebookのロードマップを意識している。」とコメントし、動画広告に意欲的になってきているFacebookの動きにパニックになっていると指摘しています。

ユーザーからしてみてば、動画の冒頭に流れるスキップすることが出来ない30秒の長時間広告はただひたすら待つしかなく、どうすることもできなかったので、なくなってくれると非常にありがたいことなのですが、どうやら広告業界では賛否両論あるようですね。

[via iPhone Mania]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク