【買い忘れてたので】ACIDMANの最新アルバム「有と無」を購入!思っていた以上に良いアルバムで買ってよかった!【今更ながら購入】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

久しぶりのCD紹介は、11月19日にリリースされたACIDMANの最新アルバム「有と無」です。
予想以上に素晴らしいアルバムだったので、もっと早く買っておけばよかった…

スポンサーリンク

新たな一面を見せた「ACIDMAN」

基本的にシングルCDは滅多に購入しないので、アルバムより前にシングルとして発売されている「EVERLIGHT」や「Stay in my hand」なども初聴の感想になります。

スポンサーリンク

収録曲

1. 有と無 (introduction)
2. 永遠の底
3. EVERLIGHT
4. Stay in my hand
5. star rain
6. EDEN
7. 世界が終わる夜
8. ハレルヤ
9. en (instrumental)
10. your soul
11. 黄昏の街
12. 最期の景色

今回のアルバム「有と無」は全体的に素晴らしい出来なのですが、シングルとしても発売されている「Stay in my hand」を初めて聴いた時は驚きを隠せませんでした。

歌詞はACIDMANの特徴とも言える生と死をテーマとした心に刺さるような歌詞なのですが、音が今までのACIDMANとは違い、よりロック寄りになっています。

しかし、ただ単純なロック寄りの音になったわけではなく、ACIDMANらしい深みを残した音になっており、ACIDMANのファンの方だけでなく、ロック好きの方にもオススメしたい一枚となっています。

「Stay in my hand」だけでなく、アルバム曲の「star rain」や「EDEN」なども素晴らしく、「your soul」や「世界が終わる夜」などではACIDMANらしい音を披露してくれていますので、確実に買って損はないアルバムと言えるでしょう。

ACIDMANはデビュー当時からファンで、ずっとCDを買い続けているのですが、今回のアルバムはさらに進化が加速し、次の作品がますます楽しみになるような一枚となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク